憧れのキャバクラで夜デビューしました!


シングルマザーでも働けた

キャバクラで働き出しました。シングルマザーなのであまり夜遅くまでは働けないかなと思っていたのですが、彼氏が子供を見てくれることになったので、キャバクラ嬢になれました。求人に応募した時に自分がシングルマザーであることもしっかりと話しましたし、求人を受け付けてくれた方も理解してくれたので体入することにしました。お客さんたちにもシングルマザーであることはカミングアウトして、いろいろ子育ての話とかも聞いていただいています。体入の時からそんなディープな話をしているので、プライバシーなんてあってないようなものなのかなという感じですが、それは接客の仕方次第だと思います。私はぶっちゃけキャラでやっていきたいなと思っているのでこんな感じですが、慎重にやっている女の子はすごく上手です。とにかくキャバクラ嬢は稼げるということに気付きましたので、水商売の女というコンプレックスさえ捨てることができれば、今後もしっかりとお母さんとしてやっていけるのかなと思っています。